大切な賃貸選びの成功の秘訣は親身になって、一緒にマンションなどを探してくれる不動産業者を見つけることが大切なのかもしれません。

おとり物件に注意したい賃貸探し

よく賃貸探しをしていると、非常に条件がいい物件の広告などが出されているのを見かける事もあります。しかし、あまりにも条件がいい場合などは注意が必要です。もしかしたらおとり物件の可能性も否定できません。

おとり物件というのはすでに契約が決定しているなどで、契約できない物件を広告に出して、顧客を呼び寄せようとする事です。そして、お店に行くと別の条件がよくない物件を勧められる事もあります。

条件がいい物件が見つかっても、その物件だけではなくて、他にもいい物件の候補を見つけておくなどしておくといいかもしれませんね。

賃貸探しをする時には、おとり物件に遭遇する事もあるという事を頭に入れておきたいですね。

賃貸のマンションとアパートの違いについて

賃貸のマンションとアパートの違いに明確な規定はありません。貸主や不動産業者の判断でどちらでも呼び方は自由です。

木造もしくは軽量鉄骨であったり、2階から3階程度の低い建物をアパート、鉄筋コンクリート製で高層のものをマンションと認識している人が多いです。

マンションはアパートに比べて、耐火や耐久性に優れていて、オートロックや防犯カメラの設置など防犯に優れています。マンションのメリットは多いですが、デメリットもあります。構造上建築コストが高い為に賃料がアパートよりも高額です。管理費や修繕積立金が高いなどです。

賃貸は小さいところも出ている

かなり小さい部屋が賃貸として貸し出されていることもあり、本来なら住めないようなところでさえ改装して、実際に貸し出している場合もあります。

この場合には、使える部屋がかなり小さくなっているので、他の部屋よりも半分以下の金額で貸していることが多くなっています。その分だけ不利なところが多くなっていますが、逆に言えば住みやすいところであれば得をしている場合もあります。

小さくてもいいから住みやすいところを見つけておくなど、対策をしっかり考えておくと良いでしょう。賃貸の比較をしていくと、これらの情報を知ることが可能です。

賃貸と退去する時にはどういった手続きが必要なの?

賃貸を退去しようと思った時にはどういった手続きが必要になってくるのでしょうか?またもし出ていくとすれば大家さんにどれくらい前に言っておけばいいのかも気になってくる所です。

まずどれくらい前に言えばいいのかと言いますと、退去というのは2週間まえなどに行っても通るものではありません。家賃の関係などもありますので基本的には1か月前以上に言っておいた方がいいでしょう。

必要になってくる手続きですが、こちらはまず家を出ていくための手続きと、引っ越しをするための手続きと、新しい入居先での手続きがあります。また光熱費や新聞の手続きも必要になってきますね。

賃貸マンションについての情報

"suteki生活のススメ ライフスタイルに合った賃貸の見つけ方"では、賃貸や不動産といった快適に生活するための情報から、カードローンや家を購入する際の住宅ローンについての情報まで、様々なお役立ち情報を掲載しております。当サイトへのお問い合わせはこちらへ。