大切な賃貸選びの成功の秘訣は親身になって、一緒にマンションなどを探してくれる不動産業者を見つけることが大切なのかもしれません。

住宅ローンと年収の関係性

戸建てやマンションを購入する際に、現在の収入でも金融機関でローンを組めるのか、手持ちの資金がなくても借りられるのかといった悩みが発生してしまいます。

とりあえずローンを組んでしまって、後は何とかなるというような先走った考え方は、やめておいた方がいいでしょう。というのも、住宅購入においてはいくら借りられるのかということよりも、いくらだったら返済できるのかということの方が重要だからです。

借入限度額まで借りてしまった場合、不測の事態に備えられず、家計に一気に余裕がなくなってしまいます。そのため、年収の何割までを借りるのが正解なのか、あらかじめ調べておく必要があります。

住宅ローンの申し込みに必要な書類を教えて!

住宅ローンに申し込みをするような機会は中々ないかと思うのですが、一体申し込みためにはどういった書類を用意しておいた方がいいのか知っておいて損はありませんよね?取り寄せるのに時間がかかるような書類ですとあとからの取りよせは厄介です。

まずは本人だと証明できる書類が必要です。①免許書もしくは保険証②印鑑証明③住民業です。次の給与を証明できる書類です。①源泉徴収②給与明細(こちらは個人経営もしくは勤務しているかによって用意する書類が異なります)ちなみに印鑑証明はもしそのまま契約を進めていくことになると全部で3通必要になりますので4通ほど取り寄せておいた方が安心です。

住宅ローンの審査に通らない理由

近年では、住宅ローンの審査に通らない人が増えていると言われています。その理由としては、第一に雇用形態の変化が挙げられます。

正社員としての終身雇用制度から、フリーターや契約社員、派遣社員が増えてきて、勤続年数が安定しなくなっているのです。しかし、非正規雇用の増加を考慮して、金融機関でも契約更新回数や勤続年数によって、審査を通過させてくれる場合もあります。

また、最近では消費者金融などでお金を手軽に借りられるようになったことも、要因として挙げられます。そうした背景から、借金があると自覚を持たずにローン申請をして、審査落ちしてしまうというケースも多発しています。

住宅ローンは35年支払いが続きます

ローンの代表的なものには、住宅や自動車や教育資金としてローンを組むことがあります。これをするのには、勤務している会社や年収やほかの月賦があるかなどから審査されて、できるかできないか判断されます。

できないと判断されたときは現金で購入するしかありませんが、現金がない場合は購入自体を諦めないとなりません。日ごろから月賦やクレジットカードで買い物はできるだけさけ、借りたお金はきちんと返すようにしておかないといざというときに自分が困ることになります。

住宅では約35年間、車では3年から5年支払いが続くことになります。

住宅ローンについての情報

"suteki生活のススメ ライフスタイルに合った賃貸の見つけ方"では、賃貸や不動産といった快適に生活するための情報から、カードローンや家を購入する際の住宅ローンについての情報まで、様々なお役立ち情報を掲載しております。当サイトへのお問い合わせはこちらへ。