大切な賃貸選びの成功の秘訣は親身になって、一緒にマンションなどを探してくれる不動産業者を見つけることが大切なのかもしれません。

住宅ローンはどこから借りるのかも重要です

ローンを借り入れるときは、銀行が一番初めに思いつきます。確かに住宅を購入するほとんどの人が、銀行から借り入れをしていますが、保険会社や住宅ローン専門会社など、ローンを取り扱う金融機関は、とても多くあります。

最近では銀行でも店舗を持たず、ネット銀行が多く登場し、ローンの貸付に力を入れています。

また不動産会社と連携し、ローンを斡旋してもらう提携ローンなどもありますので、選択肢はとてもたくさんあります。どこの金融機関から、借入れるのが一番いいのか、自分の生活スタイルに合っているのかを、しっかりと見極める必要があります。

住宅ローンは簡単には借りられません

住宅ローンは貸しても、返済してもらわなければ、金融機関も大赤字となってしまいます。住宅購入となると、金額が数千万となるので、借入額がとても大きくなるので、金融機関も借りる人の審査をしっかりと行い、返済能力があるのかどうかを審査します。

どの金融機関も審査は行いますし、簡単には貸付してくれないので、覚悟が必要です。しかしながら、しっかりと働いていて稼ぎもあり、普通の生活を送っている方は、審査に合格することがほとんどなので、そこまで身構える必要はありません。

審査に落ちる方もいるというぐらいの、認識を持っておく程度で良いと思います。

住宅ローンを通すために

住宅ローンが通らないと、家を購入することができません。かなり大きな買い物ですし、必ずローンの審査を通したいと考える人がほとんどかと思います。しかしいくら審査を通したいからといってやってはいけないことがあります。

それは「虚偽申請をすること」です。例えば給与を水増しする、借入があるのにないという…こういったことが逆効果で「この人は嘘をつく人だ」というイメージを与えてしまいます。

銀行なども大きな金額を貸出する際には徹底的にその人について調べます。そのため嘘をついてもすぐに見破られてしまいます。審査を通りたいという気持ちはわかりますが、正しい情報を投げた方が絶対に間違いがありません。

住宅ローン以外の諸費用は節約を

家を新築する際は、高額の住宅ローンを組むことになりますが、かかる費用は土地代や住宅購入費だけではありません。登記費用などの諸費用がかかるため、その分の必要な現金として貯蓄しておく必要があります。

諸費用の中には、土地を購入した時にかかるものや住宅ローンを組む際に必要な諸経費、外堀工事や引っ越し代など、一般的に300万円ほどの諸費用がかかると言います。

予め念頭に入れておかなければ、慌ててお金の工面をしなければならず、切り詰めた新生活を送ることになります。できるだけ安く済ませたいのであれば、登記などは依頼せず自分たちで対応するなど、節約できる方法もあります。

自営業も可能な住宅ローン

自営業者の場合、サラリーマンと違い収入面が不安定であることから、一般に金融機関などの住宅ローンでは審査が難しいとされています。そこでおすすめなのがフラット35です。

自営業者であっても加入しやすいことや、他の住宅ローンで審査が通らなかった人でも比較的審査が緩いとされています。

固定金利であることや事務手数料が高いという特徴がありますが、住宅を購入できる唯一の手段となるでしょう。フラット35は以前あった住宅金融公庫からかわったもので、一般の金融機関と住宅支援機構が行っており、ある一定の基準を満たすことで加入できるものです。

住宅ローンについての情報

"suteki生活のススメ ライフスタイルに合った賃貸の見つけ方"では、賃貸や不動産といった快適に生活するための情報から、カードローンや家を購入する際の住宅ローンについての情報まで、様々なお役立ち情報を掲載しております。当サイトへのお問い合わせはこちらへ。