大切な賃貸選びの成功の秘訣は親身になって、一緒にマンションなどを探してくれる不動産業者を見つけることが大切なのかもしれません。

住宅ローンは金融商品です

家を買いたいと思っていても、数千万円もの値段がする家を自己資金のみで購入できる人というのは、中々いません。自己資金だけで、現金を用意して買わないといけないのであれば、ほとんどの人が人生の晩年、定年後に購入できるかどうかに、なってくると思います。

そうしたときに、住宅ローンがあります。金融機関がお金を貸してくれるローン商品で、金利を付けて分割支払いすることで、金融機関は儲けを出している商品です。

カードローンやフリーローンと違い、金利もとても低く借入れることが出来ます。住宅ローンは、住宅購入の大きな助けになる商品です。

住宅ローンで新居を手に入れたい

以前より住宅ローンの金利が下がったためか、家を新築したり、中古住宅やマンションを購入するのは少なくありません。毎月、賃貸住宅の家賃を支払うより、購入した方が費用は安く済むからでしょうか。購入すると、資産になるからでしょうか。

ある土地でずっと暮らす可能性があるなら、購入してもいいのかもしれません。しかしながら一度購入すると、簡単に売って引っ越せるものでもありません。もし転勤などがあれば、家をどうするのかという問題も発生します。

子供がいれば、学校の問題もあります。家を購入するというのは、自分の人生を考える必要があるということです。どこでどのように人生を過ごすのか、決めていく必要があるのです。

住宅ローンはどれくらいでおりるの?

家を購入する際に一括で購入できるという人は中々いないかと思います。何千万円の世界になってきますので分割で購入するのが一般的です。住宅ローンを組むためには、まず銀行などに申請をする必要があるのですが、一体申請してから承認がおりるまでどれくらいの時間がかかるのでしょうか?

本審査に入る前に簡単にできる仮審査を設けている所が多く、仮審査自体は早ければ当日、遅くても3日以内に答えが出てきます。本審査は通常5日程で出てきますので、それを超えているようですと、何か審査をしている上で問題が起きているのではということになります。

住宅ローンを借りる際に必要なもの

住宅ローンを申請する際には様々な書類が必要になってきます。取り寄せる必要があるものもありますので、事前に調べて漏れがないようにして申し込みに行きましょう。

まずは印鑑です。こちらは必ず市役所へ印鑑証明を出している印鑑が必要になってきますので、イマイチ自信がない人は確認も一緒にしておくとスムーズです。

また給与明細や減税徴収所などを求められる場合もありますので、こちらは会社に事前に申請しておきましょう。基本的に管轄は人事もしくは総務になり、理由をきちんと申請すればすぐに出してくれる書類です。そのほかにも借入する場所によって違った書類を求められることがあります。

住宅ローン審査に適した年齢

住宅ローンを申し込むにあたって、審査をうける必要があります。職業や現在の収入、健康状態や年齢など様々な角度から、審査が行われます。特に年齢に関して、35年ローンを組むケースでは45歳が最終年齢となります。

これは住宅ローンを組むにあたって、団体信用生命保険に加入する必要があり、80歳までが対象であるため35年を逆算することで算出されるものです。そのため申し込みは20歳から70歳までとなっており、80歳まで支払い終わる形が取られています。

ある統計では、審査が通りやすい年代として30代があげられており、逆に50代ではかなりハードルが高くなっています。

住宅ローンについての情報

"suteki生活のススメ ライフスタイルに合った賃貸の見つけ方"では、賃貸や不動産といった快適に生活するための情報から、カードローンや家を購入する際の住宅ローンについての情報まで、様々なお役立ち情報を掲載しております。当サイトへのお問い合わせはこちらへ。